エアロテックリフォーム

下線
イメージ画像
愛着のある住まいをさらに快適に。エアロテックリッフォームが叶える暮らし

たった1台のコンパクトな室内機で24時間、365日、家中のすみずみまで、換気しながらきれいで快適な温度で満たす
エアロテックがリフォームでも新築と同じように導入できます。
間仕切りないオープン空間が自由自在。あなたらしい発想をプランニングに自由に活かして
思いどおりの住まい、思いのままの暮らしが楽しめます。

エアロテックリフォームまでのステップ

お住いの高断熱化・気密補強工事

お住いの性能を知る、「断熱診断」からスタートします。

エアロテックリフォームでは、お住いの現在の断熱状況を知ることが鍵となります。
専門の検査スタッフが、お住いの断熱状況と窓サッシやガラスなどの性能を調査・診断します。
この断熱診断の結果に基づいて、エネルギーが逃げにくく、冷暖房効率のよい高断熱な家へのリフォーム計画を
プランニングして、現状のお住いの高断熱化工事の詳細を決定します。さらに建物によっては気密検査(有料)を行います。

イメージ画像

リフォームTYPE1

外壁の部分強化タイプ

外壁の断熱性能が高い場合には、壁を解体せずに部分
的な気密補強工事を行います。工事も比較的軽くなる
ので、費用的にも抑えられるばかりか、場合によって
は住みながらのリフォームも可能です。

リフォームTYPE2

外壁の断熱・気密強化タイプ

外壁内に断熱材が入っていない場合などには、外壁の
仕上げを残して居室側の壁面を解体して、断熱材を充
填します。さらに気密補強の工事を行います。大掛かり
な工事になりますが、内装工事を前面に施すため、
インテリアを一新することができます。

リフォームTYPE3

スケルトンタイプ

築年数が古く、断熱性も気密性も低い場合には、
柱、梁などの構造体だけを残して、外装、断熱工事、
気密工事、内装工事を施します。この場合はほぼ新築
と同じ状態のリフォームが可能で、しかも劣化した
構造体の補強・補修もあわせて行えるので安心です。

矢印

エアロテックのシステム機器工事

お住まいのプランに合ったシステムを設計します。

エアロテックのシステムは、1台の室内機、2台の室外機、各室に空気を送るエアーダクト、
そして各室の吹出口とルームコントローラーなどで構成されています。
エアロテックは、吹出口から出た空気が循環して室内機に集められるので、ダクト計画精度が住み心地大きく影響します。
経験豊かなアーキテクトが、1邸ごとに日照条件や家具の配置などを考慮しながら、
効率よく効果的なシステムをプランニングします。

イメージ画像

システム機器工事1

各室にエアーダクトと、コントローラー、吹出口を設置します

リフォーム設計図に沿って、
エアロテックの動脈ともいえ
るエアーダクトの躯体の断
熱・気密層内に設置します。
居室の場合には、部分的な
下がり天井にしてダクトス
ペースを確保します。
また必要に応じて、構造体の
補強工事を行います。

イメージ画像 イメージ画像 イメージ画像

システム機器工事2

室内機と室外機を設置します

イメージ画像 イメージ画像

階段の下や廊下などの収納スペースを利用して、エアロテックのメイン機器の室内機を設置します。
そして屋外には2台の室外機を設置します。

エアロテックの詳しい情報を見る
資料請求・お問い合わせはこちら
公式facebook
イベント相談会
エアロテック
スマイラボ
マンションリフォームHOWTO
公式facebook
イベント相談会
 エアロテック
スマイラボ
マンションリフォームHOWTO