EYE’S PLUS STORAGE / アイズプラス ストレージ

下線
イメージ画像  

Scroll down

  • FUTON
  • LINEN
  • SHOES
  • SOUJI
  • EYE'SPLUS
  • EYE'SPLUSとは?

新しい大きさが暮らしを変える

現代のマンションでは、和室よりも洋室が増え、それとともに「押入れ」も少なくなりました。
しかし、押入れに収納していた「ふとん」が消えたわけではありません。
アンケートでは、「お客さま用のふとんを持っている」という人は72.7%もいます。
そこで私たちは、こうした行き場を失ったふとんの収納場所を解決したいと考えました。
3つ折りのふとんがきちんと収納できるスペースを確保するとともに、深い奥行きを生かして、
他の収納場所には入らない「扇風機」や「暖房器具」といった大きなものを収納できます。
さらに、奥と手前とを使い分けられる工夫を盛り込むことで、さまざまな形や大きさのものがすっきりと納められます。
押入れよりも幅を狭くし、クローゼットよりも十分な奥行きで「ふとん」がきちんと納まり、
同時に可変性を持たせることでさまざまな使い方ができる――そんな新しいふとん収納を作りました。

なぜ「ふとん収納」を考えたのか

課題

  • 発見
  • 洋室プランでも、ふとんを収められる収納が必要なことがわかりました。
    ふとんだけでなく、扇風機や暖房器具といった大きな物や普段の洋服などをしまうことを想定した、
        可変性のある収納が便利だと考えました。

EYE’S PLUS STORAGE FUTONのポイント

  • イメージ
  • EYE'SPLUS

    棚の可変性について

    押入れとの比較

EYE’S PLUS STORAGE FUTONの2つの使用例を紹介します。

  • クローゼット機能重視

    普段使う衣類を多めに収納し、クローゼット機能を重視したパターンです。
    奥行きのある衣装ケースやクローゼットに対応した引き出しなどを入れて、
    クローゼットとして使いやすくしました。

  • 納戸機能重視

    スーツケースや扇風機といった、通常クローゼットには入らない大きなもののほか、
    季節物の衣類や靴、小物など使用頻度の低いものを収納した、
    納戸機能を重視したパターンです。

▲PAGETOP

※アンケート概要 ● 実施期間:2013 年11 月20 日~ 12 月4 日 / 回答者数:2,122 人

資料請求・お問い合わせはこちら
公式facebook
イベント相談会
エアロテック
スマイラボ
マンションリフォームHOWTO
公式facebook
イベント相談会
 エアロテック
スマイラボ
マンションリフォームHOWTO